冷え性の症状を確認しよう

冷え性 症状

冷え性とは女性の間でよく聞く言葉ではありますが、ただの寒がりと冷え性との違いはどのようなところにあるのでしょうか。

まず冷え性の場合、代表的な症状として体全体ではなく指先などの体の先端の部分が特別に冷えるといった感じがあります。
これは冷え性としては軽度のものとして考えられているのですが、多くの人の場合冷え性というとこの症状のことを挙げるでしょう。

冬場ではなくとも夏場などでも手足が何もしていないにも関わらず特別冷たくなっている場合もありますが、お風呂にゆっくり浸かったり、カイロやタイツなどを活用することで比較的容易に改善することができる症状でもあります。

冷え性でむくみや便秘などの症状も

軽度の冷え性であれば体を温める方法などは比較的簡単に見つけることができますのでその対処も簡単にできるのですが、冷え性の人が同時に発症しやすい症状としてむくみ便秘などがあります。

むしろ冷え性の症状として質の悪いものは冷え自体よりもこちらということになり得るかもしれません。
もちろんむくみや便秘などは様々な原因が重なり合って起こるものですので、一概に冷え性だからこれらを発症するという訳ではありませんが、その原因の一つとして冷え性もしっかりと挙げられていますので、決して無視することもできません。

またさらに冷え性が悪化していくことで、たとえ真夏でも寒さを感じるようになったり、肌荒れ、静脈瘤、そして免疫力の低下なども同時に発症してしまう恐れもありますので、たかが冷え性とたかをくくらず、できることならばまだ軽度の段階で毎日のしっかりとしてケアをしてあげるようにしましょう。



このページの先頭へ