冷え性になる原因

冷え性を改善するためにはやはりまずはその原因を知って、その原因から根本的に解消することで長期的に冷え性を改善していくことができます。

そんなもんはいいから、手っ取り早く冷え性を改善する方法を教えて!という方もきっと多いでしょうが、この冷え性の原因を知って、日頃の生活習慣を変えていくことこそ冷え性改善の近道となっていきますので、まずは冷え性の原因と考えられているものを見ていきましょう。

まず第一に考えられる冷え性の原因は温度を感じる神経の鈍りです。

これは普段エアコンの使って一年中比較的過ごしやすい環境にいるため、寒い、暑いと感じる神経が鈍ってしまい、その結果体の温度の調節が効かなくなっていくというものですね。

当然寒いときなどには体を暖めようという機能が働きませんので、その結果冷え性となります。

次に考えられる原因としては、ホルモンバランスの崩れというものがあります。

これはストレスなどによって自律神経が乱されたり、女性の場合出産や妊娠時などに起こりやすいものとされています。

女性で冷え性の方が多いというのは、この原因によるものが大きいということもあるのでしょう。

そして最後に考えられているのが、血流の悪さですね。

これは体の代謝が悪くなることによって、指先などの末端にまで血液が十分行き届かなくなり、その結果冷え性となるというものです。

普段運動不足であったり、食生活が偏っていたりすると、この症状になりやすいと言われています。

しかし元々血管が細かったり、病気によって血流が悪くなることもありますので、こういった場合には冷え性以前にそれらに対する対策や治療が必要となてくるでしょう。

以上、冷え性の原因として考えられている3つの代表的なものを挙げましたが、きっといくつか思い当たる節はあったのではないでしょうか。

これらの冷え性の原因となっているものを解消していき、確実に冷え性を改善していくように頑張っていきましょう。



このページの先頭へ