寝ている間に視力回復

「寝ている間に視力が回復したらなー。」

近視で悩む全ての人が一度はこういったことを考えたこともあるかもしれません。

こうやって言葉にしてみると、とんだ夢見がちな少年少女のたわ言でもありますが、これが現実となる技術が最近テレビの「スマステ」で取り上げられたこともあって話題になっています。

きっとこの技術を開発した人も私たちと同じようなことを考えていたのでしょうね。
夢見がちな戯言、万々歳です!

画期的な視力回復法

この夢のような視力回復法は「オルソケラトロジー」と呼ばれ、数年前にアメリカで開発された技術です。

こういったところは本当にアメリカすごいと思います。

このオルソケラトロジーの治療法はいたって簡単で、視力矯正用のコンタクトレンズをはめ、近視になることで崩れてしまった目の角膜か何かを矯正するというもの。

また、このコンタクトレンズは一日中はめておく必要もなく、夜寝ている間にはめておくだけで効果が望めるもののようです。

一度このオルソケラトロジーの治療を止めてしまうと、2週間程度でその視力は元に戻ってしまうそうですが、しっかり眼科医のアドバイスを受けながら続ければ非常に高い視力回復の効果が望めるようです。

自分で書いていて、これは「やるっきゃない!」と思ってしまいますが、あなたはどうでしょうか。

だけど、ちょっと眼鏡をかけなくなるというのも寂しいものかもしれませんね。



このページの先頭へ