視力が左右で差ができる理由と対策

視力 左右差

視力が悪い人で両目が均等に悪いという方も少ないと思いますが、そもそも何故視力にはこのような左右差が出てくるのでしょうか。

人間には利き手などがあるように目にものこの利き目というものが存在します。
利き目があるということは当然その片方の目に負担が増加するということになりますので、利き目の視力はそうでない方に比べると負担は大きくなります。

これが人間の視力に左右差が出てくる一番の理由となるのでしょう。

もしすでに視力に左右差が出ている人は、視力が悪い方を利き目と考えて間違いないでしょうが、その他にも自分の利き目を確かめる方法もあります。

まず両方の目でどこか1点を見つめ、そのまま片方の目を手などで隠します。

両方の目でこれを試してみて、片目を隠しても両目のときと視点が変わらない方があなたの利き目ということになります。

一般的に右利きの人は左目の方が悪くなる可能性が高いとされていますが、どちらが自分の利き目かを知りたい場合は是非試してみてください。

またこの利き目を両方に均等するためには、なるべく利き目でないほうで見るという意識が大事になってきます。

慣れないうちは結構難しいことですが、慣れてくると段々とできるようになってきますので、是非一度試してみてください。

また子供の視力にこういった左右差を出したくない場合などは、なるべくものを書くときなどに顔を傾けさせず、常にノートなどから両目の距離が一定になるように、正しい姿勢で書くようにさせると良いでしょう。



このページの先頭へ