レーシックと乱視と遠視

視力で悩む多くの人は近視であることが多いため、レーシックは基本的には近視専門の治療法となっています。

しかしレーシックが完全に近視専門かと言えばそうではなく、コンタクトレンズがそうであるように、軽度の乱視や遠視はレーシックでも治療は可能となってます。

この遠視と乱視に関してはやはりレーシックでは限界があるようですが、この限界というものは自分で測るのは難しくなっています。

遠視、もしくは乱視もレーシックで治療したいと考えている方はまずは専門医のところに言って自分の遠視・乱視の程度をしっかりと調べてもらうようにしましょう。

そしてそこからレーシックでの治療が可能であるか相談をしっかりしましょう。

老眼はどうなの?

レーシックで乱視・遠視の治療はできると分かりましたが、老眼となるとどうなのでしょうか。

老眼は全ての人が年をとるにつれて平等になってゆくものですが、残念ながらレーシックでは老眼を治療することはできないとされています。

老眼は近視や遠視とは違い、角膜などの目の機能が年齢と共に衰えていくことで発生するものですので、近視の矯正などとはまるで違うこととなります。

遠視と老眼は同じようなものと思っている方も多いかもしれませんが、実は全くの別物なのですね。

レーシックやオサートなど、近視矯正に関しては様々な治療法が確立されていますが、残念ながら老眼に関しては現時点で有効な治療法はないというのが現実のようです。

また米国眼科学会は遠視矯正のレーシックについては、 45歳頃には老眼鏡が必要となってしまう事を覚悟する必要があるとの情報を提供しています。



このページの先頭へ