オサートで視力回復

オルソケラトロジーは寝ている間に専用のコンタクトレンズをはめることで視力を回復させるという画期的な手法ですが、その上にさらに技術が改善されたオサートというものがあります。

オサートはオルソケラトロジーでは視力を回復させることができなかった、極度の近眼、乱視、遠視、そして老眼でさえも回復させることができるということで、近年では非常に高い注目を集めている視力回復法です。

このオサートにしてもオルソケラトロジーにしても、あまり一般的な言葉ではないので技術が上がったと言われてもあまりぴんとこないという人が多いかもしれません。
しかし、目のレーザー手術であるレーシックが短期間でここまで一般的になったことを考えると、やはり視力を回復させたいと願う人は非常に多いのは間違いないはずですので、このオサートやオルソケラトロジーがそういった方たちの救いの手として広まるのは決して遠い日ではないのではないでしょうか。

オサートの料金

オサートはオルソケラトロジーでは回復できないものの矯正となるので、その分料金も上がることになるようです。

従来のオルソケラトロジーよりも、10万~15万円程度割り増しと考えておくとよいかもしれません。

ここで注意していただきたいのは、近視の人は軽度にも関わらず、自分は重度の近視であると考えている人が多いということです。

私自身も検視表でのあの円のようなものが、一番大きなものが見えなかったりしたのですが、それでも私の視力は軽度であると眼科の先生に言われて驚いたことがあります。

ですので、「自分はオサートだから割高になっちゃう…。」と考える前に、まずはしっかり眼科に行って自分の近視の具合をしっかりと測ってみましょう。

従来のオルソケラトロジーで用が済むのであれば、それが何よりですからね。



このページの先頭へ