ゲームが視力低下の一番の原因?

人間の、特に子供にとっての視力低下の一番の原因とされている、もしくは考えられているものがテレビゲームです。

最近では大画面で行うようなゲームではなく、持ち運びのできる小さな画面でゲームをするのが子供の間でも主流となっているようですが、これが視力を低下させていると考えると確かに腑に落ちるところはあります。

しかし色々な話を聞いてみると、このゲームが視力低下に及ぼす影響というのには色々な意見が存在するようですね。

まず一番多いのがゲームは間違いなく視力低下につながる、というもの。

そしてもう一つは確かにゲームは眼精疲労を起こすが、視力低下とは何の因果関係もない。というものです。

確かにそう言われてみるとゲームをやっているのに視力は悪くなっていなかったり、逆にゲームは持っていないけど視力は悪い子というのは見かけます。

しかしかといって、あれだけ一つの画面を注視するゲームが決して視力低下の原因にはならないとはとても思えないのですよね。

昔からコンピューター技師などは視力低下などを起こす確率が多いという話を聞いたことがありますが、これが本当であるのであれば決してゲームも例外ではないでしょう。

かと言って全くゲームをするな、と子供に言うのも何となく酷な感じもしますので、やはり程々にというのが一番良いのでしょう。

親としてはゲームの間だけはおとなしくしている姿を見ると、「あ~。なんて素敵なものなんだろう。」なんて思ってしまいますが、そこは自粛です。



このページの先頭へ