コンタクトの度数で視力は測れる?

コンタクトレンズを使用している方にはご存知だと思うのですが、コンタクトレンズの容器などには-2.50や-4.50などの数字が書かれています。

これは自分の目がどれだけ悪いかというのを示す度数のような数字なのですが、この数字が大きくなればなるほどそれを装着する視力は悪いということになります。

というと、この数字から自分の正確な視力を測定できるのか?とも思いますが、実際にはこの度数から視力を測る事はできないようです。

この度数は視力の程度はもちろんそうなのですが、あくまでその人のその他の目の状態も合わせて計算し、ピントを合わせるための数値らしいのです。

自分でもよく何を言っているのか分かりませんが、何となくは分かっていただけるでしょうか。

視力を測るにはこういったコンタクトレンズの度数などからではなく、しっかりと眼科などに行って測ってもらうのがやはり一番良いでしょうね。

特に視力測定表にある一番上のCマークが見えない方は、正確な数字を測るためには眼科に行く方法が一番確実だと思います。

「たったそれだけのことで眼科?」
と思われるかもしれませんが、行ってみると結構快くやってくれますよ。



このページの先頭へ