病気による視力低下

視力低下は遺伝や環境によるものの原因が多いと以前書きましたが、場合によっては目の病気が原因で視力低下が引き起こされる場合もあります。

かといって視力低下自体はそこまで珍しいものでもありませんし、また場合によっては視力低下の進行などは自分では分かりにくいこともありますので、目の病気に関してはそこまで神経質になる必要はないのかもしれません。

ただ目の病気の場合、「物が2重に見える。」や「頭痛を伴う。」「目が痛い。」「周りが白くかすみ、まぶしさを感じる。」など視力低下以外にもこういった症状が出る場合が多く、そういった異変を感じた場合には即、眼科で診察を受ける必要が出てくるでしょう。

逆に言うと、こういった症状が出ない場合などはやはり目の酷使による視力低下がと考えられる可能性が高くなります。

これは目の病気に限った事ではないのですが、病気の場合はなるべく早めの診察が何よりの完治への近道にもなります。

また年を取るごとにこういった目の病気にかかってしまう可能性も高くなりますので、完全な予防というのは難しいでしょうが、異変を感じたらすぐに眼科に行くようにだけはしておきたいところですね。



このページの先頭へ