レーシックの後に乱視が…

レーシックを受けるまで乱視と診断されたことはなかったのにレーシックを受けた後に乱視になったという話は決して多くはないようですが実際にあるようです。

このレーシック後の乱視については、医師の未熟な腕によるところが大きいというのが一般論となっているようですが、実際にはレーシック後に乱視になってしまったときに再手術を謳っている病院も多くあります。

しかし病院にも様々なところがあり、手術後にしっかりと保障期間を設け、その期間中であれば再手術の費用がかからないところ。

そして再手術でも費用がかかってしまうところとがありますので、こういったアフターケアに関しては必ず手術前にしっかりと確認をとるようにしなければなりません。

治療費が安い。

症例数が多い。

こういったことももちろん大事なことですが、再手術など後々面倒なことを減らすためにも、しっかりアフターケアなどにも注意を払っておきましょう。



このページの先頭へ