イメージ画像

眼鏡やコンタクトとお別れしたい。
視力を回復するために。

視力回復トレーニングの方法

この世の中近視の人は多いと思いますが、眼鏡やコンタクトレンズなど、非常に便利なものがあるおかげでそこまで近視で悩む人というのは少ないように思います。
実際に私も近視なのですが、もうこれは治せないものだと思っていましたし、ソフトのコンタクトレンズなどはそこまで装着していても違和感がないので、そもそも視力を回復させようとも思いませんでした。

しかし、私の場合はあることがきっかけとなって、もしかしたら視力回復は可能なんじゃないか?と思うようになり、日々の生活でちょっとした視力回復トレーニングを取り入れてみました。

トレーニングといっても、そこまで大したことはしていないのですが。

その努力のおかげもあって、視力は少しですが回復しました。

これは結構驚きではないでしょうか?

視力回復したらどんな感じ?

私の友人や知人には視力を回復させた人というのが何故か沢山います。
彼らの場合は視力回復トレーニングをしたわけではなく、レーシックという視力回復のためのレーザー手術を受けたためなのですが。
その視力を回復させた人たちは全て口を揃えて、世界が変わったといいます。

実際にはコンタクトや眼鏡をかけていた人たちなので、そこまで本当に世界が変わったわけではないのでしょうが、近視の方だったらこの気持ちも良く分かるのではないでしょうか。

朝にコンタクトをつける必要がない。
コンタクトをつけっぱなしで寝ることがない。
わざわざ眼鏡をかける必要がない。

この一つ一つは大した労力がかかるようなものでもないようにも思えますが、実際にこれらのことから開放されると非常に大きな開放感を感じるそうです。

視力回復トレーニングは何よりも根気!

手術をすることなく、トレーニングだけで視力を回復させようと思うと相当の根気が必要になってくると思います。
しかも、このトレーニングの効果は人によって全く変わってくるでしょうし、自分が思うほど回復はしないかもしれません。
しかし、私が行ったトレーニングはお金もかからず、しかも大した労力がかかるものでもありませんので、試してみる価値はあるのではないかと思っています。

このサイトではそんな視力回復トレーニングと、私が友人から聞いたレーシックの実体験話などをご紹介していきます。


このページの先頭へ